CEO MESSAGE

日本は今なお、より多くの良いモノに溢れ、飽和状態。
モノの価格や品質だけでは選ばれなくなりました。
どこも大差のない売りにくい時代。

では、どうすれば突き抜けられるのか。
それは企業としての顔、ブランド価値がとっても分かりやすい企業が選ばれます。

この売りにくい時代に「選ばれ続ける企業や店舗」になるには、
まず、素晴らしいコンセプトやビジョンが必要。

例えば、同じ価格・同じ品質の野菜だったら「自然無農薬野菜宣言」を
している企業や店舗が生活者の「共感」を呼んで選ばれるということ。

つまり、モノではなくコトが選ばれる。

その想いやストーリーにファンができるからモノが売れていく。
これからは、その良き想いやストーリーのある企業や店舗が生き残る時代です。

人々の「共感」をどのようにして生み出していくか、そして、人々の「共有」をどのようにして拡散させていくか。
決して、押し売りをするマーケティングになってはならない。

まさにモノの素晴らしさや感動を伝えるコミュニケーションであり、
私たちノンバーバルは、これらを設計するブランディングデザインの会社です。

私たちとともに素敵なブランドを
つくっていきましょう。

株式会社ノンバーバル
代表取締役 冨士 武徳