料金体系について

FEE STRUCTURE

ブランディングを見据えた
ディレクションとデザイン料について

ノンバーバルでは、価格帯が不透明である
デザイン料を「見える化」しています。
クライアント様が求めるデザインに対する価値の
正当性を判断できる基準を設定し、
適正取引の実現を推進します。

お問い合わせやご依頼をいただく前に
私たちノンバーバルがデザインを行う際に
必要となるコストの成り立ちをご案内いたしますので
一読いただけますと幸いです。

デザイン・制作に関する料金体系

ウェブ制作、建築・店舗・展示会デザイン、グラフィックツール(パッケージデザイン・パンフレットデザインなど)制作、撮影などすべての料金体系はディレクション、デザイン、進行管理、諸経費(外注費含む※)にて見積を構成いたします。
デザイン・制作に関する料金体系デザイン・制作に関する料金体系

※ 外注費は場合により別項目にて記載させていただく場合もございます

コスト分解デザイン・制作に関する料金体系を
ご案内いたします。

企画料
クライアントへの多角的な理解を深めるためのヒアリングを行います。その上で課題の抽出を行い、方向性の提案を行います。具体的なデザインツール制作を伴わないコンサルティングやプロデュースなど、知的サービスへのアイデア対価です。
技術料
専門知識・ノンバーバル独自の蓄積ノウハウを利用したデザイン技術のサービス料(アートディレクション料、デザイン料、コピー料、フィニッシュ料)でノンバーバルが提供する知的財産の使用に求める対価。案件規模や期間により変動します。
進行管理費
納期、納品に合わせたスケジュール管理を行います。スムーズにプロジェクトを進行する上で、作業内容や納期変動によるスケジュールを更新するデッドライン管理が必要となります。

技術料×10%

人件費
案件の種類やクライアントの要望などを基にディレクター、デザイナーなど必要最低限の人員数や作業時間を算定し、
コストを求めます。(企画料、技術料に含まれています)
諸経費
案件、プロジェクトにかかる諸々の実経費。経費項目は主に「出張費」「リース料」「物品購入費」など。案件ごとにクライアントとの事前ヒアリング、途中協議にて追加修正、
決定します。
外注費
プロジェクト案件に必要な技術料、撮影費、印刷加工費など物理的仕上げにかかる実経費。
※場合により弊社を通さず、直接契約をお勧めすることがあります。

受注から納品までのフローに関して

お問い合わせ後、まずは面談にてお打ち合わせをさせていただきます。
課題目的、案件に関する適正媒体の確認、予算、納期などをお伺いさせていただいた上で御見積をご提出させていただきます。承認いただきましたらご契約書の結び、その後に企画・デザイン着手とさせていただきます。案件によりデザイン制作、プレゼンまでの期間は異なりますのでお問い合わせ後にて、ご面談時にご確認ください。
受注から納品までのフローに関して受注から納品までのフローに関して

※ 上記は大枠の基本フローとなりますので案件により異なる場合がございます