02若手スタッフ対談CROSS TALK

若手スタッフ対談

ノンバーバル社員に聞き取り調査!!ランチる?!詳しくはこちら!

  • NAOYA TAKAHASHI

    ACCOUNT PLANNER

    NAOYA TAKAHASHI

    2018年 新卒入社

    アカウントプランナーとして2018年4月入社。大阪本社勤務。写真を撮られ慣れているためポージングや表情作りが上手。
  • KANA ITO

    ASSISTANT DESIGNER

    KANA ITO

    2019年 新卒入社

    デザイナーとして2019年4月入社。大阪本社勤務。グラノーラを飽きずに食べ続けていてストックが切れるとスーパーへ駆け込む。
  • MOMOKA OHATA

    ASSISTANT DESIGNER

    MOMOKA OHATA

    2019年 中途入社

    デザイナーとして2019年4月入社。この3人の中で唯一の中途入社であり東京支社勤務。左で腕相撲をすると大体勝つ。右は弱い。
  1. Q.01 入社のきっかけは?

    • 若いうちからいろんな経験をしたいと思ってたから、
      お客様と伴走するとか、ポテンシャル教育の良さに共感

      TAKAHASHI

    • 理念・ビジョンの言葉ひとつひとつが、学生時代に感じた
      デザイナーとして大切だと思ったことそのものだった

      ITO

    • VISIONをみたときに、自分の中にスッと
      入ってきたというか、はじめて納得できた

      OHATA

    Q.01 入社のきっかけは?
    • 僕は、学生の頃からブランディングに興味があって、大阪のブランディングデザイン会社を探している時にノンバーバルに出会いました。いろんなネット記事の代表の想いや会社としてのビジョン、スタンスを読んで、そこに共感してここで働きたいなって思った。
    • ビジョンなどに共感したっていうのは具体的にどのへんですか?
    • 具体的にいうと、若いうちからいろんな経験をしたいと思ってたから、お客様と伴走するとか、ポテンシャル教育の良さに共感したかな。
      直クライアントだから、お客様と距離が近いし、同じ目線で伴走するからこそ、気持ちや思いも伝わりやすい。クリティカルなコンセプトやデザインが提案できるからそこに魅力を感じた。
      あとはポテンシャル教育のひとりひとりの長所を伸ばして行くっていうのが今の時代にも合ってるし、自分もそういう風に伸びていきたいなって思った。モチベーションとか自信にもつながるからいい会社だなって。
    • なるほど。
      モノづくりよりコトづくりとか、高橋さんの言ってた伴走者でありたいっていう理念・ビジョンの言葉ひとつひとつが、学生時代に感じたデザイナーとして大切だと思ったことそのものだったので、ここに入社したいなと思いました。
      東京、名古屋、大阪と色んなエリアで会社を探してたんですけど、一番ここに行きたいなと思えたのがノンバーバルでした。だからこそ履歴書が一番書きやすかったですね。志望動機がツラツラと書けました。
    • 私もみなさんと同じ部分が多いんですけど、いろんな会社の企業理念やメッセージを読んでもあまりピンとくるところがなくって…でもノンバーバルのビジョンをみたときに、自分の中にスッと入ってきたというか、はじめて納得できたっていうのがきっかけですね。
      あとはグラフィックだけじゃなくていろんなデザインに携われる点ですごく魅力を感じました。クライアントさんと直接コミュニケーションがとれるところやノンバーバルのサイト自体しっかり更新されていたので社内の様子が見れて、明るい雰囲気だなと魅力を感じました。
    • なるほどね!
      ブランディングの会社だからこそ、いろんな媒体に携われるっていうのがいいよね。
    • そう!そこはすごくいいと思った。
    • 大畑さんは中途入社ですもんね?前の会社は直クライアントではなかったんですか?
    • 全部代理店の方とやりとりしてました。前の会社では打ち合わせに行ったことなくて…。代理店の方とディレクターが打ち合わせするので手を動かすデザイナーがクライアントと遠いんですよね。それでなんのために作っているのかわからなくなることがよくあって。クライアントと直接やりとりできるってすごいなと思いました。

    続きを読む

    Q.01
  2. Q.02 ブランディングに興味を持ったきっかけって?

    • 大学で学んだ経営学と専門学校で学んだデザインの
      二つの知識を活かして、仕事がしたいなって思っていた時

      TAKAHASHI

    • モノづくりじゃなくてコトづくりが
      生まれるんだな
      っていうのを学んで

      ITO

    • 直接話をして、コンセプト設計から一貫して
      できるブランディングの分野に興味を持ち始めました

      OHATA

    Q.02 ブランディングに興味を持ったきっかけって?
    • 僕は、大学と専門学校をダブルスクールで通っていて、大学で学んだ経営学と専門学校で学んだデザインの二つの知識を活かして、仕事がしたいなって思っていた時に、ブランディングデザインという領域を知り、いろいろ調べたり本を読んでいるうちにいつの間にかすごく興味を持っていたな。
    • もともと経営学を学んでたんですね。デザインは何で興味持ち始めたんですか?
    • 昔からものづくりが好きで、服を作ったりイベントのフライヤーを作ったりしていて、仕事をするならクリエイティブなことがしたいなと思っていたんだよね。そこで芸大の友人と話している時にグラフィックデザインの領域を知り、勉強したいと思うようになった!
    • 服作りもしてたんだ!本当にものづくりが好きなんですね。
    • そう。とりあえずなんでも作ってみようってなって、イベントのフライヤーも無料のイラレに似てる無料ソフトで手探りで作ってたんだけど、グラフィックって面白い!って気づいて。
    • それがグラフィックデザイナーを目指すきっかけだったんですかね。私は専門学校に入り立ての頃は、デザイナーっていったら、めちゃめちゃかっこいいポスター作るとか、大きい媒体作るとか、、、
    • あーめっちゃわかる!
    • そういう漠然とした間違ったイメージだったんですけど、専門学校でデザインを学んでるうちにデザイナーってかっこいいものをつくるだけじゃないって痛感して、大きい仕事するとかだけじゃなくて作ったもので人の気持ちを動かせたり、ノンバーバルのビジョンにあるような、「モノづくりじゃなくてコトづくり」が生まれるんだなっていうのを学びました。そのコトづくりに一番近しい分野がブランディングかなって思ったのがきっかけですね。グラフィックデザインもどれもブランディングに通づるのかなとも思うんですけど。
    • なるほどね。確かにそうかも。
    • 大畑さんは前職でWebを中心にされてて、もっと広い範囲でデザインしたいとか思いが変わって転職を決めたんですか?
    • とりあえず3年くらいWebデザイナーとして経験を積んで、それから本当にやりたいことを見つけて転職しようって考えてました。
      実際、Webひとつ作って終わりなのはやっぱり寂しいというか、自分の中ですごく違和感があったんですよね。それでクライアントさんと直接話をして、コンセプト設計から一貫してできるブランディングの分野に興味を持ち始めました。
    • そのほうが面白いよね。単純にいろんな媒体を作れるとかじゃなくてブランディングをやりたいって思うのは、やっぱりコトづくりがしたいっていうのがみんな共通するところなんかもね。

    続きを読む

    Q.02
  3. Q.03 ノンバーバルの魅力は?

    • U30や新事業提案ができるSUPとか、
      積極的に挑戦できる機会を作ってもらえるところ

      TAKAHASHI

    • 色んなことにチャレンジさせてもらえたり、知識を
      出し惜しみせずに全部教えてくれるところがすごく魅力

      ITO

    • 制作業務だけじゃなくて、打ち合わせや
      スケジュール管理を一貫してさせてもらえるところ

      OHATA

    Q.03 ノンバーバルの魅力は?
    • 私はノンバーバルの社員さんがみんなすごくいい人たちってところです。入る前ってどんな人がいるかわからないので、実際働いてる人たちってどんな感じなんだろう?って思ってて。
      実際入社してすごくいいなと思うのが、みなさん教育に対してすごく真剣で、私が1年目だからとかまだアシスタントだからとかで判断せず、色んなことにチャレンジさせてもらえたり、知識を出し惜しみせずに全部教えてくれるところがすごく魅力だと思いました。
      みんな忙しいはずなのに、自分のために時間割いてデザインチェックしてくださったり参考になる本探してきてくれて一緒に見ながら教えてくれたり…。そういう先輩が多いっていうのはすごくいい環境だと思いますね。
    • すごいよね。みんなそうだもん。
      ミスをしてもしっかりフォローしてくれたり、次の失敗を恐れずチャレンジできる安心感があるのがすごくいいなと思う。
    • すごくありがたいことですね。本当に尊敬できる先輩方ばっかりです。
      でも考えさせるところはちゃんと考えさせてくれるというか、ヒントを与えてもらって、自分で“あ、そうか!”って思わせるっていうのがすごいなーって。
    • わかる!僕も働く環境がいいっていうところが魅力だと思ってて、最初の方にも言ったポテンシャル教育であったり、いま若手でやらせてもらってるU30とか新事業提案ができるSUPとか、積極的に挑戦できる機会を作ってもらえるところが、ノンバーバルだからこその魅力的な環境なのかなって思う。
      入社1年目から色々させてもらえるイメージはなかったから、本当に色んな案件に携わらせてもらえたり、コンセプトの設定であったり最初から最終のデザインまで一貫してさせてもらえたり、そういう環境を与えてもらえるのが魅力かな。
    • そうですよね。
    • 早く成長できるよね。その分最初はすごい苦労するけどね。大畑さんは?
    • 私も人がいいってところかなー。話すと元気をもらえたり、新しい考え方を知れたりするのがすごく魅力です。入社して自分がすごく変わったなって思います。メンタル面で。
    • 確かに、ネガティブな人は、ひとりもいないですね。
    • 大変なところでもあるけど、制作業務だけじゃなくて、打ち合わせやスケジュール管理を一貫してさせてもらえるところですね。あとは自分がやりたいと思う仕事をさせてもらえたり、自分が得意できる仕事をさせてくれるところ。
    • ディレクターの方とか、どんな仕事がしたい?ってよく聞いてくれて、じゃあとってくるわ!って言ってくれたりしますもんね。(笑)
    • すごい!かっこいい(笑)

    続きを読む

    Q.02
  4. Q.04 入社1年目はどうだった?

    • 全体のフローが仕事を通して見えたから
      すごい成長を感じた

      TAKAHASHI

    • 本当に色んなことをさせてもらえるので、
      日々成長できているんじゃないかな

      ITO

    • 意識の高い人たちが周りにいる
      おかげで自分の姿勢も変えることができ、
      今は大変さの中に楽しさを見つけられた!

      OHATA

    Q.04 入社1年目はどうだった?
    • 怒涛の毎日すぎて、月日が経つのが早いですね。(笑)
    • 早い!本当に早いです。毎日必死でその日のタスクと戦う感じで…(笑)
      でもさっきも言ったみたいに「これやってみたら?こんなのあるけどやりたい?」とか、本当に色んなことさせてもらえるので、日々成長できているんじゃないかなと思いますね。
    • そうだね。僕の場合はちょっと特殊で、肩書きはアカウントプランナーで、デザイナーとしての仕事もしてるダブルワーカーみたいな立ち位置なんだけど、1年目の時はどっちも覚えることや考えることが多くてとにかく大変だったなー。
    • 制作業務だけでも大変ですけど、打ち合わせとかも頻繁に行かれてますもんね。他の会社の1年目では経験できないようなことを沢山させてもらえてるんじゃないかなって思いますね。
    • そう!1年目の段階で自分で獲得した案件を自分でデザインさせてもらえたから、あの時はすごい楽しい!って思った。
    • すごいですね!1年目でそんなことまで!
    • どういうフローでデザインしているのか、どういったことを聞けば求められているデザインができるのか、全体のフローが仕事を通して見えたからすごい成長を感じた。
      最終的にクライアントさんも喜んでくれて、今でも良くしていただいている。
    • 自分が作ったものをお客様が喜んでくれるって本当に嬉しいですよね!
      コンペの案件で私が制作したデザインが通った時は、私自身が認めてもらえた気がしてすごい嬉しかったです!
      がんばった甲斐があったなーって。
    • あのデザインはかっこよかったね!
    • すごいね!私も入りたての頃は、やらなきゃいけないことや考えなきゃいけないことの多さに正直戸惑いはあったけど、日々たくさんのことを吸収できるのと、周りの人たちの意識の高さで自分の姿勢も変えることができて、今は大変さの中に楽しさを見つけられた感じがする!
      入社前からパンフレットや冊子などの紙媒体のデザインがしたいって思ってて、それを今いろんな案件でデザインさせてもらえてるのが、すごい嬉しい!
    • 本当にやりたいことを積極的に任せてもらえますよね!
    • そう!だから大変さもあるけど、楽しいが勝ってる!
    • わかる!早い段階でディレクションもさせてもらえるのがすごい嬉しかった。
      このU30の採用プロジェクトのディレクションもすごい楽しいしね!
    • 優しい先輩たちのおかげで、頑張ってこられてますね。

    続きを読む

    Q.04
  5. Q.05 仕事をする上で大切にしていることは?

    • 社内外関係なしに、色んな人の考え方を吸収すること

      TAKAHASHI

    • 自分で見つけられない穴を見つけてもらうつもりで
      たくさん聞くこと

      ITO

    • 前向きになるように自分の姿勢を整えること

      OHATA

    Q.05 仕事をする上で大切にしていることは?
    • 僕は最近ディレクションをさせてもらうことが多くて、相手を尊敬して思いやるってことに注力してるかな。
    • 相手っていうのは、デザイナーに対してですか?
    • そう。デザイナーとクライアントさんに対して。
      “この案件はこの人にやってほしい”っていう思いで制作業務を任せてて、このトーンの案件は、あの人に制作してもらったら安心できるなというか、絶対いいもの作ってもらえるっていう尊敬の思いをもって仕事を渡すことで、お互い気持ちよく仕事ができると思うんだよね。
      「手空いてる人やって!」とかじゃなくて、“〇〇さんにやってほしいからぜひお願いしますとか。”そう言ってもらえる方がモチベーション上がると思うし、それも上辺で言うんじゃなくて、本当にそういう気持ちで、自分が思ったことをそのまま伝えるっていうのを大切にしてる。
    • 実際高橋さんからそういう風にしてくださってるの感じます!いっぱい褒めてくれたり、やっぱり頼んでよかったって言ってくださったり。やっぱりそう言ってもらえる方がやる気とかやりがい変わってきますもんね。
    • わかるー!私も感じます!
    • あとは社内外関係なしに、色んな人の考え方を吸収することを心がけてるかな。
    • なるほど。最近本当に色んな本とか読んでますもんね!
      私もピンタレストはみんなが見てるし、自分の検索した狭いキーワードからしか抽出されないから、「ピンタレストじゃなくて本を読め、残業なんかせずにさっさと本屋行け」って先輩に言われたことがあります(笑)
      本って自分が吸収しようとしたこと以外の情報も載ってるから、インスピレーションを受ける幅が広がるのはすごく感じます。
      あとは入社して1年経った今改めて大切だなって思うことが、迷ったら迷わずに聞くってことですね。ある時社長に「正解って絶対自分の中にない」っていうのを言われたのをすごく覚えてて。変なプライドとかで質問しないとか自分で解決しようって思うんじゃなくて、自分で見つけられない穴を見つけてもらうつもりでたくさん聞くっていうのを心がけてますね。いつまでも悩んでるよりその方が早いし、聞いたら絶対アドバイスくれる先輩ばっかりなので、意識的に悩んでるってことをまず伝えるようにしてます。
    • 確かに、コミュニケーションは結構大切にしてます。自分の中で完結しないで、話して、相談して、、っていうのは意外とすごく大事なことだと思います。
      あとは自分の気持ちや姿勢はすごく大事だなって思ってて、タスクが多くなってくると気持ちが焦ってしんどくなってきたり、仕事を楽しめてないと思う時があって…。でもデザイナーになりたくてなったし、やりたい仕事ができているのに、それを忘れてしまってるなと。しんどい思いでデザインしててもいいものってできないなって思い始めてから、前向きになるよう自分の姿勢を整えることを大切にしています。楽しい気持ちでデザインできるし、いい方向に向かうんだろうなと思って。
    • 確かにねー。気持ちって大事よね。大畑さんに言われて僕も気づいたもん。
      モヤモヤしながら作ったものってやっぱりやり直すことになるし。
    • そうそう。デザイナーになったきっかけを振り返るのも大事。
    • そうだね。

    続きを読む

    Q.05
  6. Q.06 今後の目標をどうぞ!

    • 今後、このU30チームで
      大きい仕事とかしてみたいなって思った

      TAKAHASHI

    • クライアントさんから「伊藤さんに頼んでよかった」
      「伊藤さんにお願いしたい」と思ってもらえるように

      ITO

    • スタートからフィニッシュまで、まるっと一人で
      任せてもらえるようになりたい

      OHATA

    Q.06 今後の目標をどうぞ!
    • 今は先輩と一緒に打ち合わせに行ったりスケジュール管理をさせてもらってるけど、スタートからフィニッシュまで、まるっと一人で任せてもらえるようになりたいです。
    • 全く同じこと考えてた。
      僕はそれも一つだし、あとはこのU30チームで今後大きい仕事とかしてみたいなって思った。
    • 今回の採用プロジェクトで、年の近いメンバーと同じ方向で切磋琢磨してやっていく楽しさを感じられたから、今後もっと大きな仕事とかやっていきたいなー。
      今後個々がどんどん力をつけていったら、すごくいいチームでいいクリエイティブができるんじゃないかなって思ってる。
    • いいですね。楽しみです!頑張ります!
      私は、アシスタントデザイナーとして社内の方に、「これは伊藤ちゃんに頼みたい!」って思ってもらうのが入社当初の目標だったんですけど、これからクライアントさんと打ち合わせする機会も増えると思うので、そのクライアントさんから「伊藤さんに頼んでよかった」「伊藤さんにお願いしたい」って思ってもらえるようになりたいです。
    • デザイナーの醍醐味よね。
    • 指名されるってすごく嬉しいと思う!
    • また違った新たなやりがいが見つけられるんじゃないかと思います。
    • 結構本音で色々話してきたけど、これを見てノンバーバルの想いに共感して新しい人がいっぱい入ってきてくれたら嬉しいね。
    • そうですね!

    続きを読む

    Q.06

ノンバーバル社員に聞き取り調査!!

ランチる?!

ノンバーバルに入社を考え中のあなた!必見です!

書類審査を通過した方を対象に面接前、

若手スタッフと一緒にランチにいけちゃいます!

面接の前に聞いておきたい

実際楽しく仕事してるの?

面接ではどんな質問されるの?

?

など…

質問責めにして先輩を困らせるのもよし!

先輩に熱く語ってもらうのもよし!さぁ!LET’Sランチ!

  • ※「ランチる」は採用の評価とは一切関係ありません。
  • ※「ランチる」を誘える先輩は1名のみです。

4つの知るで見えてくる?ランチる?!の魅力!

ランチる?!のフロー

  1. STEP.01

    STEP.01

    書類選考通過

  2. STEP.02

    STEP.02

    入社希望者がお店を予約※会社から徒歩10分圏内

  3. STEP.03

    STEP.03

    指名スタッフと合流

  4. STEP.04

    STEP.04

    ランチを食べながら質問!