本格中華とお酒を嗜むハイエンドなレストランとしてこだわり、ミシュランを目指す店舗へリ・ブランディング

本格中華とお酒を嗜むハイエンドなレストランとしてこだわり、ミシュランを目指す店舗へリ・ブランディング

OUTLINE
BRANDING
施設・店舗ブランディング
TYPE
BtoC
CLIENT
熱香森(LA SHANG SEN)
URL
DATE
PROJECT MEMBER
BRANDING DIRECTOR
冨士 武徳
ASSISTANT DESIGNER
伊藤 加奈
DESIGNER
NONVERBAL
PHOTOGRAPHER
Office Circle
GOAL
"本格中華"を愉しむことができ、オトナの好奇心をくすぐる秘密の森のレストランを誕生させたい。
BACK GROUND
靱公園近くに「シャンパンと中華」のお店をオープンしたいというオーナー様の想いを受け、ブランディングスタート。
グループ会社の事業が「緑」を扱う事業であったことから、その事業領域を引きつぎ、飲食事業の展開を目指すことで全社でのリレーションをどう生み出していくかを検討。
SOLUTION
靱公園には人々のエネルギーが集まっているので“そのエネルギーを延長し、そこを人々が休息できるオアシスにしよう”そんなアイデアから靭公園より「延長された深緑」をコンセプトに。

店舗のネーミングでは「音」にこだわった。
・美味しそうと感じる音であること
・発音時、耳への響きが良い音であること
・質の良い中華料理を提供してくれそうな音であること

都会に集う人を「熱」中国料理とお酒を「香」癒しの空間を「森」として、
カラースキームでは「深緑・黄土色」をベースカラーに熱香森の空間を表現。

すべての備品において、少しでも「誰か使う人のため」になることを視覚と機能に押し付けなく、心地よいものにこだわって選定。